修理事例・お客様の声

広島県呉市 N様 ミラジーノ カープ色へ全塗装!

4

こんにちわ!

今回はミラジーノの全塗装です。

広島カープのヘルメットの色にしてほしいとのご依頼です!

いわゆる、マツダのソウルレッドという色です。

 

赤から赤の塗り替えなので違いが分かりにくいかと思いましたが

下の写真のようにBefore、Afterで鮮やかさの違いがわかりやすくできました。

 

Before

1 2

 

After

3 4

 

先ずは分解です。

基本的に全塗装となると作業工程はいつもだいたい一緒です。

室内にホコリが入らないようにドア類は残した状態で板金、下処理作業に移ります。

5 6

 

ドアハンドルやエンブレム等、ボディについているショートパーツを取り外します。

7 8 9 10 11 12

 

キズ、凹みを探しながら作業を進めます。

キズ、凹みは無いように思っていても以外と結構あるものです。

丁寧に見つけて板金をします。

13 14

 

板金→パテ付け→研ぎ→マスキング→サーフェーサー

この作業を繰り返して、車一周を綺麗にしていきます。

バンパーも同時に進めます。

15 16 17 18 19 20 21 22

 

板金作業が終わると、塗装作業の為にボンネットやドアー、フェンダー、トランク等のパネルを

ボディから取り外します。

23 24 25 26

 

全てボディから取り外すとペーパーかけ(フル磨き)をします。

27 28

 

ドアー、ルーフ、センターピラー、色を付けるところはすべてペーパーをかけます。

29 30 31 32 33 34

 

研ぎ終わると、塗装室に入れて、最終下処理を行いながら紙張り(マスキング)をしていきます。

35 36

 

綺麗に塗り上げる為に、塗装ブースにたくさんのパーツを入れず、少しずつ進めます。

先ずはボディのルーフとボンネットから。

37 38

 

まだ日本で2台しかない、熱(近赤外線)を利用した触媒方式の水性塗料用乾燥設備です。(塗装ブースの奥に見える赤い設備)

塗装作業終了後にセットをすれば、自動で移動しながら乾燥を進めてくれるので、その間に

作業者は次の作業の準備ができます。(まだ試験段階です)

 

上部と側面の乾燥機が自動で距離を計測しながら、写真のような作業なら約15分で乾燥完了となります。

従来では考えられなかったスピードです。

39 40

 

ブース前方から徐々に後方に移動をしています。

側面も同じようにボディとの距離を自動で計測して、位置の調整をしています。

41

 

部品だけを塗る場合も部品の並べ方を工夫すれば、写真の様に同時作業もできます。

42 43 44 45 46 47

 

樹脂バンパーは別の塗装室で作業を進めます。

48 49

 

ルーフ以外のボディの塗装作業です。

50 51 52 53 54 55

 

この設備は自動車修理の先進国のイタリア製です。

板金業界の設備を常にリードして来たのがイタリアの修理業界です。

しかし塗装完了からわずか15分で乾燥が終わる時代が来るとは夢にも思いませんでした。

56 57

 

塗装が終わると組み付け作業です。

58 59

 

丁寧にキズを付けない様に進めます。

61 62 63 64 65

 

組み付けが完了したら、磨き作業です。

小さなゴミ、ブツを研ぎ落とします。

66 67

 

目の細かいコンパウンドを使って磨き込みます。(ポリッシング)

68 69

 

鮮やかな真赤激の色に仕上がりました。

完成検査をしてお客様へ納車です。

70 71

損傷状況・原因

修理の方針

お客様のご感想

メールでのお問い合わせはこちら

Page top

サービス一覧

株式会社新和自動車

【 本社工場 】
東広島市黒瀬町南方1525-1
TEL. 0823-82-8203
FAX. 0823-82-8581

会社概要を詳しく見る

メールでのお問い合わせはこちら