修理事例・お客様の声

広島市E様 大きく凹んだドア 交換せずに板金修理

DSC05452

左リアドアが大きく凹んでいます。

 

バックをしていて駐車場のポールが寄って来たケースです。。

 

ポールに賠償能力はないため、泣く泣く自費修理をされることに。

 

ふつうなら、交換レベルを余裕で超えています。

 

当社なら交換せず板金塗装で修理を行い、修理費用を安くできまーす!

DSC05450 DSC05452

 

深いところでは20mm以上の凹みがあります。

DSC05455 DSC05454

 

ドアーの内張り外して、、、手も工具もはいりません。

内側から押し出して表面を荒戻しすることはできません、残念。

DSC05460

 

そんなときは↓の道具『スタッドプーラー』を使います。

これは、瞬間的に溶接と冷却を行いパネルに工具の先端がひっつきます。

ひっついた工具を『カンッカンッ』、鉄板を引っ張り出します。

DSC05458 DSC05459

 

表面をハンマーで叩きながら、表面を戻します。だいぶ戻ってきました。

DSC05462 DSC05463

 

表面の凹凸、歪みが取れたら、仕上げ作業に入ります。

DSC05464

 

板金パテです。

DSC05465

 

板金パテを塗ります。

DSC05466

 

板金パテを研いで、こうなります。

DSC05469

 

次にもう一つ、目の細かい板金パテを使い、同じように作業を進めます。

DSC05471 DSC05472

 

板金パテ作業が終わり、次は脱脂を行い、サーフェーサーを塗布して塗装の下地を作ります。

DSC05474 DSC05476

 

サーフェーサーを乾燥させ、ペーパーで『研ぎ』をします。

DSC05478

 

塗装を施すためにドアミラーやドアハンドルを外してマスキング作業をしています。

DSC05479

 

塗装作業です。

前後パネル(フロントドア、リアクォーター)を『ボカシ』て、色違いを防ぎます。

DSC05484 DSC05485

 

塗装後の乾燥を経て、磨き、完成です!!

DSC05490 DSC05491

 

あんなに凹んでいたのに元通りになります。

 

みなさん、ポールが寄ってきても大丈夫です!

ポールの次に弊社が歩み寄り、気持ちよく修理をさせて頂きます!

 

2015.6.5 荒光亮太

 

損傷状況・原因

修理の方針

お客様のご感想

メールでのお問い合わせはこちら

Page top

サービス一覧

株式会社新和自動車

【 本社工場 】
東広島市黒瀬町南方1525-1
TEL. 0823-82-8203
FAX. 0823-82-8581

会社概要を詳しく見る

メールでのお問い合わせはこちら