レッカー対応承ります

まずはお気軽にご相談ください
0823-82-8203

平日9:00~19:00
水曜9:00~18:00
土曜・祝日9:00~17:00

修理実績

2015.09.29

東広島市H様 プロシートレバンテ ボンネット塗装

綺麗な新車も、悲しいかな、月日がたてば劣化してしまいます。

中でもボンネット、ルーフは特に夏の直射日光、冬の雪、霜など風雨にさらされます。

今回はボンネットの塗装がひどく劣化してしまったケースの再塗装修理です。

 

Before

DSC06006 DSC06012DSC00757 DSC00756DSC06010 DSC06009

 

After

DSC00607

 

長い間、風にさらされたために塗装表面のクリアーが塗膜と分離してはがれています。

クリアーは下の塗膜を保護して艶を出す役目があります。

こういう状況になると、いったん塗膜をすべて剥離し、板金~下処理の作業が必要になります。

 

まずはボディからボンネットを取り外して特殊な薬品を塗って塗膜を剥離します。

DSC00758 DSC00759

 

10分位で塗膜が浮き上がってきます。すべて剥がれないので残りを金ヘラ等で剥ぎ取ります。

この時にボンネット表面にキズを付けない事が重要です。

DSC00762 DSC00763

 

過去の修理跡が出てきました。パテ、旧塗膜を剥ぎ取ります。

DSC00764 DSC00768

 

改めて板金をして、パテ仕上げを行います。

DSC00770 DSC00771

 

鉄板の状態で確認すると小さな凹みが結構あるものです。

凹みをとって下地処理(サーフェーサー)を塗ります。

DSC00775 DSC00776

 

下地の乾燥後、小キズを拾い、研ぎ→油脂、汚れの除去をしたうえで塗装に移ります。

DSC00782 DSC00789DSC00788 DSC00791DSC00798 DSC00800

 

乾燥後に磨き作業です。

ボディに取り付けて完成です。

このように現在の塗膜が剥がれたり、キズがついてもこのように新車同様の輝きが取り戻せます。

DSC00803

DSC00806 DSC00807