修理事例・お客様の声

広島市 N様 フーガ フロントドア 板金塗装

DSC00135

今回はアルミボディ(ドア)の修理のご紹介です。

アルミボディといえば高価なので、スポーツカーなどに使用されるものでしたが、

最近では高級車や軽自動車など、軽量化や燃費向上の目的で、アルミを使用している車が増えてきています。アルミは鋼材に比べて軽くて腐食しにくいという利点はありますが、酸化しやすく、溶接が難しい、加熱すると脆い・・・板金塗装業界では扱いが難しい材料です。

 

今回の車は日産フーガ(スリーコートパール)のフロントドアにキズがあり、フロントフェンダーまでボカシ作業を行います。

 

DSC00126

 

先ずはダメージ部分の塗膜を剥ぎます。

DSC00132

 

次にヘコミ部分を引き出すためのプレートを半田付けします。高熱を加えると割れたり、酸化して歪むため、低温で作業できる半田を使います。

DSC00133 DSC00134

 

プーラーで引き出してハンマリングをした後、旧塗膜を剥奪します。

DSC00135 DSC00136

 

パテ付けをして乾燥→研磨→下地塗装→下地処理→パテ

写真はパテ付け前の脱脂書類とパテ付け作業です。

DSC00137 DSC00138

 

フロントドア1枚だけで仕上げることも可能ですが、フェンダーとの色違いを避けるためにボカシを行い確実な仕上がりを狙います。塗装に向けてドアの付属品を脱着します。

DSC00143 DSC00145

 

内側に塗料ミストが付着しないようにドアを外して塗装を施します。

DSC00146 DSC00147

DSC00150

 

塗装後に乾燥をして、磨き→組み付け→洗車をして完成です。

DSC00169 DSC00172

損傷状況・原因

修理の方針

お客様のご感想

メールでのお問い合わせはこちら

Page top

サービス一覧

株式会社新和自動車

【 本社工場 】
東広島市黒瀬町南方1525-1
TEL. 0823-82-8203
FAX. 0823-82-8581

会社概要を詳しく見る

メールでのお問い合わせはこちら