修理事例・お客様の声

大阪 I様 BMW アルピナ 全塗装

DSC01007

今回のご依頼の車は約20年前のヨーロッパの名車です。

同色での全塗装をご用命頂きました。

保管状態もよく、手入れも行き届いているので、施工前もとても綺麗な状態でした。

(お金をかけて、全塗装するほどではないのでは、、、)

しかし、こだわりのオーナー様の熱意に打たれ、心を込めて施工させて頂きました!!

現在の塗り肌を滑らかな肌に変えて欲しい、という難易度の高いオーダーも承りました。

 

Before

DSC00817

After

DSC01006

正直なところ、写真では違いが分かりません。それほど施工前の状態が良かったです。

 

 

 

それでは、修理の流れを写真で見てください。まずはシート、ハンドル、室内の保護をして

DSC00816  DSC00826

 

ボンネットを外し、フロントパネルも外して、今回はボンネット裏側も塗装するのでインシュレー

ター(防音防熱カバー)も外します。

DSC00828 DSC00829

 

左右のフロントフェンダーも外します。

DSC00830 DSC00832

 

ドアーの付属品もすべて外し、ボディからすべてのドアーを取り外します。

DSC00833 DSC00835

 

リアー回りの部品もすべて外しました。

DSC00834 DSC00831

 

 

ガラスもホコリ対策のため、塗装の前に外します。

DSC00836 DSC00837

 

 

作業中のホコリ等で室内が汚れない様にビニールシートで覆います。

DSC00838 DSC00840

 

シールテープをゴムのローラーで剥がします。

塗膜まで傷つけないように慎重に作業します。

DSC00841 DSC00842

 

わずかに汚れが残る程度に剥ぐことができました。

シリコンオフで残りの汚れ、シミを取り除きます。

DSC00843 DSC00844

 

ボンネットの先端部分にブリスターが出ているので旧塗膜を削り落とします。

DSC00845 DSC00846

 

小キズも修理し、下地サーフェーサーを塗ります。

DSC00852 DSC00847

 

DSC00851 DSC00850

 

トランクリッドも擦りキズを修理しました。

ドアーアウターハンドルもボディ色に塗装します。

DSC00857 DSC00854

 

ホイールもタイヤを外して再塗装、油脂分を除去するのが大変です。

DSC00925 DSC00927

 

 

樹脂の部品を塗装する時は塗料が剥がれないように特殊なプライマーを塗った後に下地サーフェ

ーサーを塗ります。

DSC00860 DSC00861

 

第一弾の塗装として先ずルーフ(屋根)を塗ります。

DSC00874 DSC00876

 

ルーフが乾燥してからの残りのボディを仕上げます。

一度に塗る範囲は小さい方が肌も綺麗になり、ゴミ、ホコリの付着も最小限に抑えられます。

DSC00890 DSC00891

 

サンルーフやほかのパネルも。

DSC00898 DSC00862

DSC00873 DSC00897

 

 

全ての部品を塗装しました。後は乾燥して、組み付けていきます。

DSC00853 DSC00899

 

磨き作業に入ります。

DSC00918 DSC00919

 

今回は「滑らかな肌に」というオーダーでしたので、いつもより丁寧に重ねて磨きます。

DSC00921 DSC00922

 

 

完成です。

DSC01007 DSC01010DSC01004

 

オーナー様にも満足していただいたようで、うれしく思いました。

損傷状況・原因

修理の方針

お客様のご感想

メールでのお問い合わせはこちら

Page top

サービス一覧

株式会社新和自動車

【 本社工場 】
東広島市黒瀬町南方1525-1
TEL. 0823-82-8203
FAX. 0823-82-8581

会社概要を詳しく見る

メールでのお問い合わせはこちら