修理事例・お客様の声

東広島市N様 フィット リアゲートガラス脱着

DSC00413

バックドアーが破損!

幸いにもガラスが壊れていない時は、脱着して再利用します。

 

古い車や商用車のバックドアーはゴム(ウェザストリップ)で取り付けられていますが、最近の車、特に乗用車はボディの強度を増す為に接着剤で非常に強固に張り付けられています。

とても専門性が高い作業なので、専門の施工業者さんに外注するのが通常でした。

失敗すると雨漏りなどになる、とても高い技術が要求されるものです。

 

当社では!

このような作業も行うことができます!

外注費を抑えて、お客様へ1円でもお安くご提供するために、様々な技術を習得するよう心がけています。

 

ガラスの脱着作業の工程を以下ご紹介いたします。

 

修理前の写真→バックドアーがヘコんでいるためバックドアー交換です。ガラスは無傷なので脱着して再利用します。

DSC00408

 

最初にガラスを外す作業です。

ガラスとボディーの間を接着している、接着剤を切断します。

L字に曲がっている特殊なカッターと、ピアノ線のような強くて細いケーブルワイヤーです。

DSC00411

 

カッターとワイヤーケーブルを駆使して、ガラスをボディを切り離します。

DSC00412 DSC00413

 

ボディから取り外した状態です。

矢印している黒い部分がもともと付いていた接着剤です。

DSC00414 DSC00415

 

塗装の終わった新しいバックドアーを取り付けます。

DSC00416

 

もともと付いていた接着剤をスクレーパーで綺麗に削り取ります。

汚れや油脂分も綺麗に取り除くことが重要です。

DSC00417 DSC00418

 

新しい接着剤を塗布するために特殊なプライマーを塗ります。

DSC00420 DSC00419

 

ボディ側も同様に綺麗にします。

DSC00421

 

これは、新しい接着剤を塗る装置です。

DSC00422

 

この時の接着剤の高さが重要です。

高さにムラが出たり、隙間があると雨漏れの原因になるので慎重に作業する必要があります。

DSC00423

 

左右、高さをよく見て位置を決めて、しっかり押さえつけて貼り付けます。

しっかり押さえつけないといけません。

結構速く固まるので作業は手際よく!

接着剤が固まるまで仮押さえのテープで固定している写真です。

DSC00424

 

完成です!

接着剤の性能が良いので30分もすれば水をかけてもOKです。

水漏れテストを終えて作業完了!!

DSC00438 DSC00439 DSC00440

損傷状況・原因

修理の方針

お客様のご感想

メールでのお問い合わせはこちら

Page top

サービス一覧

株式会社新和自動車

【 本社工場 】
東広島市黒瀬町南方1525-1
TEL. 0823-82-8203
FAX. 0823-82-8581

会社概要を詳しく見る

メールでのお問い合わせはこちら